• 富山産こしひかり

     

    200年以上続く富山県の農家が

    「米は手をかければかけるほど美味くなる」をモットーに育てたお米の王様こしひかり。

    そのこだわり抜いた、一等米こしひかりを

    まごころこめてあなたにお届けいたします。

     

     

  • 3つの特徴

    200年の歴史

    200年以上続く農家が先代から続くノウハウを引き継ぎ、研究と努力を重ねてできたこだわりの一等米です。

    旨味とつや

    一粒一粒に凝縮された甘みと粘り気が旨味となります。

    ふっくらとつやのある炊きあがりは食欲を煽ります。

    産地直送

    収穫したお米を最適な環境で保存し鮮度を落とすことなく、富山から直接お送りいたします。

  • 作り手

    山本 稔(やまもと みのる)

    山本家の次男として富山の地で生まれ育つ。

    10年前から父(栄治)に代わり、本格的に米作りを始める。

     

    〜ご挨拶〜

    当サイトをご覧頂きありがとうございます。

    先代から伝わる米作りを5代目として継ぎつつも、よりお客様と直接つながりたいという思いから、息子(涼平)と一緒に新たな挑戦として直販サービスを始めました。

    富山の澄んだ空気と美味しい水から作られた歴史のある美味しいこしひかりをぜひ一度お試し頂けると嬉しいです。

  • 米作りのこだわり

    土づくり

    稲の栄養はほとんどが土から得られるため、良いお米を作り続けるには良い土作りが欠かせません。

    そのため稲刈りで終わりではなく、来年の稲のために肥やしを巻き、草刈りなど、土作りのための入念なケアを行った上で冬を迎えます。

    保存方法

    お米を鮮度高く保つには保存方法も重要です。

    適温でなるべく温度変化の少ない環境で保存することでお米の鮮度を落とさず保存することができます。

    山本家のお米は右の画像にある、お米専用の冷蔵庫で常に温度を12度に保った状態で保存しています。

     

    精米

    精米されたお米は玄米に比べて酸化しやすく、鮮度が落ちやすくなってしまいます。

    そのため山本家では、少しでも鮮度高いお米を味わって頂くためにお米を玄米の状態で保存し、ご注文を頂いてから精米いたします。

    富山の気候

    美味しいお米作りには適した自然環境も欠かせません。

    富山の夏は30度以上に気温があがり、夜は気温が下がり涼しくなります。この昼と夜の寒暖差がお米をよく
    育ててくれます。また冬には雪が降るため、春以降は周りの山々からミネラル豊富な水が流れ、お米のエネルギー源となります。

  • 美味しいお米の炊き方

    ①まずは正確な計量

    計量は正確に行ってください。計量カップを活用の上、お箸など使ってすり切り計量を行うとより正確です。お米の量と正確なお水の量がお米を美味しく炊くために大事なポイントになります。

    ②お米は素早く洗う

    お米はなるべく時間をかけず素早く洗いましょう。

    お水が半透明になるまで2〜3回洗ってください。水が透明になるまで洗いすぎると、お米の旨味も流れてしまいますのでご注意ください。

    ③お水はメモリ通りに

    お米を洗い終えたら、炊飯器のメモリに従い適量のお水を入れて炊飯器にセットし炊飯ボタンを押します。

     

    ④炊きあがったら必ずほぐす

    お米が炊きあがったら炊飯器のふたを開け、一度ご飯をほぐしましょう。ほぐしておくことで、食べるときにふっくらとした状態でお召し上がりいただけます。

     

    より詳細に知りたい場合は下記をご覧ください。

    http://www.sirogohan.com/recipe/suihan-taku/

     

    玄米の炊き方については下記をご覧ください。

    https://www.maisen.co.jp/jiten/genmai-takikata.html

  • ご購入

    お召し上がる頻度やご家族の人数に合わせてお選びください。

  • 鮮度高くお届けするために、ご注文を頂いてから
    精米いたします。

    商品詳細

    生産者:山本 稔
    名称:富山産こしひかり

    産地:富山県

    品種:こしひかり

    産年 :2020年(令和2年)産

    等級:一等米

    使用割合 :単一原料米

    精米年月日:発送当日に精米

    保存方法:直射日光を避け冷暗所にて保存

    賞味期限 :1年程度ありますが、鮮度が高いうちにお召しあがりください

     

    等級についてはこちらをご確認ください。

  • お問い合わせ

    ご意見やご質問がありましたら、お気軽にご連絡ください。

  • お客様の声

    今後、お召し上がりいただいたお客様からのお声を掲載させて頂きます。